人気ブログランキング |
konnichiha graves brothers delux

14日は西院ウーララでライブ。
サンフランシスコのロックバンド、グレイブスブラザーズデラックスの日本ツアーでした。
外国のバンドとやるのは初めてですごく楽しみにしてましたが、予想以上でした!
バンド結成当初、小西ゆうじろうと2人で磔磔に見に行ったメイヨトンプソンを
見たときと同じ。なんだこの高揚感は!どうしたんだ俺は!あの時と同じだ!
同じじゃないかも知れない!いや同じ!あの時の感じだ!
あの時の感じだったんです。最高だったんです。グレイブスブラザーズデラックスは。
音楽性とか演奏力とか、そういう点ももちろんあるんですが
ここではおいといて、これはお国柄なのか、なんなんだこれは。
日本人のセンスではない。日本人でこれはない。
「向こう側(アメリカ)のかっこよさ」というよりも「かっこよさの向こう側」を感じました。
子供の頃、母親と大相撲の力士の歌番組を見てて、
その時小錦が曲にあわせて軽いステップを踏んでたんですけど、それを見た母親が
「やっぱり太ってても外国人は違うね」と言ったのを思い出しました。
そうです、何か違うんですよね。日本人と。
日本人否定ではなく。何かが違うっていう話です。
ベースボーカルのStoo さんが、向こうでラジオやってるらしく、
ロウテルコの曲をかけてくれるそうです。気に入ってもらえて良かったよ。
もっと話とかしたかったですが、ワタシエイゴガーマタークーダメデース。
モジモジして「I am japanese」を猛アピールです。
マロンさんに「気持ちこめたら伝わるで。気持ちこもった球は打てへん言うやろ?」
と言われ「なるほど気持ちか」と納得。でも残念ながら通じず。
Stooさんに通じずです。ストゥージズです。
共演した、したっぱ親分(アケビ君誘ってくれてありがとう!)とフライングダッチマンも
すごかった!したっぱ親分の素っ頓狂なツインギターの嵐、
セクシーなポールダンサー付きのフライングダッチマンのロックンロール。
ネオジャパニーズだ!
by rawteruko | 2009-05-22 01:06 | Diary